ゲーム

2017年7月24日 (月)

アローラ! やつむのポケサム日記 その13

――アローラ。

こちら見習い自称勇者…に憧れるポケモントレーナー・瀬文やつむ。
ただいまスカル団との決戦のため、彼らの本拠地に潜入しました。

…応答を願います、プニャ。

プニャ
(こちら、ココログでゲームに関するレポートのゲストも担当する
見習いマスコット・プニャ。 …と紹介しているらしい。)

いよいよ、スカル団のボス"グズマ"との決戦…のようなやりとりをレポートでまとめてみたので
ひととおり見届けていただければと思っております。

(よし、スカル団に気づかれていないみたい…バトルでも負担をかけたくないからね。)

…それでは、今回の"アローラ! やつむのポケサム日記"でのレポートを紹介したいと思います。


~ただいまの様子~

□サン
基本的なところはムーンverのように一緒に冒険を進めて――
…時にはムーンverで様子を紹介するのはいかがでしたでしょうか?
サンverでも、休みたいときもあるというわけで…

■ムーン
キャプテン・アセロラの試練を達成した後、エーテルハウスによるとスカル団の幹部"プルメリ"が
「本拠地であるポータウンでスカル団のボス"グズマ"が待っている…」と
ポケモントレーナーである私に宣戦布告してきたので、いざスカル団との決戦。
…売られたバトルは私が買おう!


"スカル団の姉御より、やつむに宣戦布告"
Pokesamupurumeri2
アセロラの試練を達成してエーテルハウスへ向かったところ、スカル団の幹部・プルメリが
したっぱを率いて待ち構えていたのでポケモンバトルで撃退。

しかし、エーテルハウスにいたポケモン"ヤングース"がさらわれてしまったほかに
プルメリが「ボスがスカル団のアジト・ポータウンで待っている」…と宣戦布告してきました!

物語が終盤なのかはまだ分かりませんが、いよいよスカル団との決戦が始まる…といった所でしょうか?
待っていろ、スカル団の「魔王」…グズマ!

プニャ
(かくしてアローラ地方の「勇者」瀬文やつむとスカル団の「魔王」グズマとの戦いが始まる…
雰囲気でなんだか楽しそうな顔をしているようだ。)


"着流しのギーマとの勝負と新たなライドポケモン"
Pokesamugima
「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」で登場したポケモンリーグの四天王のひとりで
あくタイプのポケモンの使い手。 今回は投げたコインの表裏を当てる勝負を挑んできて、
見事に勝利すると新たなライドポケモン"サメハダー"を利用させてくれることに。

プニャ
(海をはばむ岩を突進で崩せることで、行動範囲が広くなったと思っているようだ。)


"リボーンマシーンでジガルデ、ゲットだぜ!"
Pokesamujigarude2
ポータウンへ向かう途中、ジーナとデクシオとふたたび対面して
冒険で集めたジガルデの"セル"と"コア"を利用して新たなジガルデを作成。
ちなみに図で作成されたジガルデは"10%フォルム"でした。

Pokesamujigarude
ちなみにこれが"ジガルデ・コア"でジガルデの中心となるものだそうな。
このような仕組みをしているポケモンもいるなんて、ポケモンは本当に不思議で面白いです!

しかし元気にしているかな…アニメポケモンXY&Zのプニちゃん。

プニャ
(アニメ版であるポケモンサン&ムーンも、素晴らしい話になってほしいと願っているらしい。)


"スカル団との仁義がなさそうで実はあるかもしれないバトル、そして謎のおじさんが登場"
Pokesamuskull6
ウラウラの花園をこえて、スカル団のアジトであるポータウンの入り口付近に来た時の様子。
そこには交番も立っていているが、さすがスカル団のパラダイス…したっぱが行く手を阻んでいるので
ポケモンバトルでガンガン蹴散らしていきます。

Pokesamukutinasi
スカル団のしたっぱ達をパパッと追い払った後、渋い外見をした謎のおじさんが登場。
どうやらポータウンへの入り口を開けてもらえるらしく、ここはありがたくアジトへ突入したいと思います。

――こちら勇者…に憧れるポケモントレーナー・瀬文やつむ。
スカル団の魔王・グズマとの決戦のため、これから彼らの本拠地・ポータウンへ――

…ごめんくださーい!

プニャ
(プニャもスカル団との決着がつくよう、瀬文やつむのご武運を祈っているようだ。)


"スカル団のアジト・ポータウンへおじゃまします"
Pokesamuskull7
さてまいりました、アローラ地方の悪の組織の本拠地・ポータウン!
…いかにも不穏で危険そうな雰囲気ですが、意外と静かでどこかしんみりとした感じもします。

もちろんしたっぱとのポケモンバトルにも注意したい所ですが、中には安心して会話もできる方もいて
なかには面白い話をしてくれたり、やや有料ながらもポケモンセンターで回復できたりと
悪の組織でありながらも何だか親しみやすいところもあると思います。

Pokesamuskull8
そしてポータウンの奥にあるいかがわしき屋敷…ここがスカル団のボス・グズマとの決戦となる場所――
いわゆる魔王城…と例えた方がいいかはわからないんですけど、ここはひとつ探索。

あちこちが散らかっていて、したっぱも行く手を阻んだりとなかなか厄介ですが
彼らがボスであるグズマのことを聞かせてくれたり、悪の組織の団員ながらも楽しい趣味を持っていたりと
危険でありながらもますます面白くなってきます。

ああ、わずか数時間でもいいからスカル団のゲストとして歓迎されたい…

プニャ
(ちなみに、スカル団のボスと会うには3つの合言葉が必要らしいと説明しているようだ。)


"スカル団のボス・グズマとの決戦がここにあるぜ!"
Pokesamuguzuma3
スカル団のボス、もとい魔王・グズマ…いよいよ決戦の時です。
一度は打ち倒したことのある相手とはいえ、絶対に油断はしません!

…いざ、尋常に勝負!

プニャ
(プニャ自身もアローラ地方の勇者・瀬文やつむ VS スカル団の魔王・グズマの決戦を応援しているようだ。)

Pokesamuguzuma4

…そして決戦の末、スカル団のボス・グズマに勝利しました。
この瞬間こそが、瀬文やつむVSグズマの決戦に「ひとまず」決着がついたということでしょうか?

やりとりによれば、どうやらグズマもまだ打ち負かされたわけでなく
「あいつらの力を使ってでもお前を倒す」…ということだそうです。

(良く考えてみると、これで物語は一通り終わったわけではなさそうだな…)

Pokesamuaserora2
魔王退治…もといグズマをこらしめた後はヤングースを取り戻して、いかがわしい屋敷を後にしたら
アセロラに感謝されて、そして一緒に来ていた謎のおじさんの名前が"クチナシ"ということが分かりました。

どうやらクチナシはポータウンの交番のおまわりさんらしく、なんとスカル団の面倒を見ているそうです。
いちおう敵方とはいえ、どこか親しみがあって何だか面白い悪の組織だと思います!

プニャ
(ひとまずお疲れ様…というような顔をしているようだ。)


~今回の手持ちポケモン~

□サン

残念ながら、今回は新しいポケモンや進化したポケモンは特に見当たりません。
でも…今までの冒険で多くのポケモンに出会ったり、手持ちのメンバーのレベルが以前より上がった所など
最初と比べてとても成長したかもしれません!

プニャ
(これまでの冒険は、やつむ自身の強さともいえそうだと思っているようだ。)


■ムーン

Pokesamu_m_warubial
・ワルビアル(タイプ:じめん&あく 性別:♂ 性格:すなお)
なんとあのムーンverのちょいワルが進化して、強さとカッコよさをかね備えた番長に!
能力においては立派な格闘戦タイプ…といったところでしょうか?
十分に強くなってゆく彼は、これからどんな活躍をするのでしょうか?

Pokesamu_m_windy
・ウインディ(タイプ:ほのお 性別:♂ 性格:きまぐれ)
…さて、あの炎タイプのメンバーがついに伝説ポケモンとして進化しました。
本来はあるアイテムを使うことで進化できるのですが、強力な技を覚えたいため
すぐには進化させずここまで頑張って育成してから進化したんです。

それにしても、アイテムを使うとすぐ伝説ポケモンになれるなんて…なんかお手軽にカッコいいかも?
(どのような伝説とはいえ、名前のみでも何だか立派だと思うんですよね。)

プニャ
(気がつけばムーンverのメンバーも進化してかなり強くなった気がするということがわかったようだ。)


… … …

…以上"アローラ! やつむのポケサム日記"の紹介を終了いたします。

はじめは隠密行動で潜伏しようとしたものの、気が付けばポケモンバトルでドンパチ…
やはりポケモントレーナーたるもの、バトルは欠かせないかもしれませんね。

プニャ
(こちらが意外と十分な強さなら、正々堂々でもなんとか行けると思っていたようだ。)

スカル団との決戦を終え、グズマも見事打ち倒してひと段落…
しかしそれだけで冒険が終わるわけでは無いので、ここからが本番といったところでしょうか?

悪の組織を倒したとしても、何かをのがしている…そんな気がしてたまりません。
エーテル財団にウルトラビースト、そしてリーリエとほしぐもちゃん…もといコスモッグというポケモン…


…いえ、今回はひとまずここまでにしたいと思います。
ひとまずな締めくくりといえど、やはり不安は最低限にしたいです。

…よし。

ヒャッホォーーーッ!!
ついに、スカル団の魔王・グズマとの決着が付いた!

いろいろ言う前に、もうとにかく今日は宴だ!
場所はフェスサークル、あそこで飲んで食べて贅沢にありつくぞ!!

このレポートのゲストのプニャはもちろん、今まで冒険やバトルに付き合ってくれた
メンバーのポケモン達や、いとしのプリンも全員連れてゆこう!


そうと決まればいち早く準備だ!
今日はレッツ・パーティだ、イエエェーーーイ!!

プニャ
(プニャ自身もテンション高めでパーティの準備を始めている…!
さすがにこちらのセリフもテンションが猛烈な勢いで上がっていく!)


この日の間だけ私は勇者と名乗ってもおかしくない!
我らがポケットモンスターに、栄光あれええぇーーーっ!!


(…本当にテンション高めで、すみませんでした。  一応、悔いや反省もほどほどにしております…)


~今日のプリン~
Pokesamupurin13jpg
"プリン、ポータウン潜入ごっこ遂行中…"

プニャ
(悪の組織と戦うなら、一度は試してみたかった作戦のひとつのようだ…
しかし彼女によると、いざという時にバトルが出来るような実力をそなえることが大切らしい。)

2017年7月11日 (火)

どこまで狩れるか、モンハンXX その4

Mhxxgc4
"これより、旧砂漠に生息するハプルボッカの調査を開始するッ! …というセリフが似合いそうです。"

どうも、こんばんは!
今日も絶好のモンハンXX日和です。

村や集会所のクエストも順調に進んで、新たな強力な大型モンスターと戦えるように
武器と狩猟スタイル…そして狩技を両手に狩猟のしゅりょ…修行へ励む努力風ハンター・瀬文やつむと…

プニャ
(多彩なサポート行動で狩猟の主力(シュリョウのシュリョク)である瀬文やつむの旦那さんを支援する
サポート型オトモ・プニャと、日替わりオトモアイルーたちでお送りしているらしい。)


ただいま達成していないクエストをコツコツ進めながら、ホロロホルルやラングロトラなどの
一味違った強力な大型モンスターにも挑戦できるように頑張っている日々を送っています。
(でもナルガクルガやリオレイアは少し難しい…かも?)

ちなみに前作のモンハンクロス(またはモンクロ)でも登場した"4大メインモンスター"にも遭遇したので
彼らとも上手く渡り合えるようまだまだ強くなりたいです!
…前作で一度は狩猟したことのある相手といえど、油断は禁物といったところでしょうか?

プニャ
(モンハンXXでも十分近く腕を上げられるよう、プニャも期待しているようだ。)


そして最近ではローカル通信やインターネット通信などでハンターの皆さんと協力してクエストも進めているため、
お出かけ先や自宅でも狩友と一緒にモンハンXXを楽しむ日々もあって
以前よりもハンティングライフの幅が広がってとても嬉しいです!

そのほかにも、まだ達成していないクエストをひととおり達成したら
次なるクエストのために装備の生産や強化を目指して頑張ろうと思うこの頃です。
(今度の防具は前作でお世話になったものにするか、それとも他のも作ろうか…?)


とにかく、しばらくは前へ向かって進むのみ…
ハンターである私は立ち止まるのを知らない…ことを心がけてゆきたいです!

いざノンストップ気分でGO、瀬文やつむとプニャたちのモンハンXX!

2017年6月24日 (土)

ゲームのひとくちレポート その28

どうも、瀬文やつむです!
突然ながらも久々に"ゲームのひとくちレポート"を紹介したいと思います。

それでは、どうぞ!
(前置きの勢いまで突然…?)

3dsvcpm
"パックマン(ナムコ・ファミコン)"

ナムコが贈る代表作・パックマンシリーズの原点でもあり、
のちに様々な派生作品も登場した名作のひとつともいわれています。

主人公はパックマンというキャラクターとなり、ゴーストに捕まらないよう避けながら
迷路上に散らばるクッキーを食べ続けるのがこのゲームの目的です。

基本は非常にシンプルながら、実は意外と白熱するゲームでもあり
ゴーストから逃げるパックマンのといったルールをくつがえすパワークッキーでの反撃や
様々な行動パターンを持つ4体のゴーストたち、ワープトンネルでの不思議な近道に…

ゴーストの拠点近くに現れる高得点のボーナスターゲットや
ステージをいくつかクリアし続けると息抜きにながめられるコーヒーブレイクなど、
シンプルながらも色々楽しめるところもパックマンのポイントでもあります。


ゴーストからひたすら逃げながらもクッキーを食べ続けて、時にはパワークッキーでモンスターに体当たり…
簡単そうでなかなか難しいところもあるので、意外と白熱するほど油断できません!
(ボーナスターゲットなど、高得点を稼ぐとなるとなおさらかも?)

ひと目ではシンプルといえど、試しに始めてみればとてもあなどれません!


というわけで皆さんもパックマンたちと一緒に、コーヒーとクッキーで楽しくパーティー…

…え、ちがうの?


ご…ごめんなさいでした!
とにかく、シンプルながらも奥深いパックマンに挑戦してみませんか…!?


(やれやれ…なんちゃっということです。)

2017年6月 5日 (月)

アローラ! やつむのポケサム日記 その12

アローラ!
これからの冒険のために、そろそろ新しい仲間がほしいと思っているポケモントレーナー・瀬文やつむと申します。

今回もウラウラ島にて2つ目の試練を達成して、冒険や気分も順調です!
しかし、少し前の島めぐりを振り返ってみると何かと危ない事になりそうな予感が…

そんないざという時のために、新しいポケモンを仲間にしてしばらく十分な強さまで育てたいと思います。
レベルは上げすぎて損はない…といったところでしょうか?

プニャ
(どこか謎に包まれたエーテル財団、脅威が以前よりも増しているスカル団など
何かと不安を思わせる顔をしているようだ。)

そんなわけで今回の"アローラ! やつむのポケサム日記"といいますと…?


~ただいまの様子~

□サン
ウラウラ島の次なる試練へ挑戦するため、カプの村近辺にある古びた施設・メガやす跡地へ向かって
キャプテン"アセロラ"の試練を見事に達成。 その後はこれからの冒険のこともあるため
新しいポケモンを仲間にして、しばらくレベルを上げて十分に強くなるまで育てている最中。

■ムーン
サンverを優先して冒険したり、ムーンverを後で進めている…というのはもはやかつてのルールであって
今はその日ごとに優先するverを自分で選んで冒険している日々を送っています。
実はポケモン育成をコツコツ進めているあまり、冒険やレポートを進めるペースがゆっくりになっているんです。
(…ごめんなさい!)

"古代のプリンセス・アセロラ"
Pokesamuaserora
ウラウラ島のキャプテンの1人である少女で、ゴーストタイプの使い手。
エーテルハウスというエーテル財団が面倒を見ている施設で幼い子供たちとポケモンと一緒に暮らしており、
さらに古代アローラ王朝の末裔で遺産である腕輪を身に着けている。

ちなみにマリエ図書館でアローラ地方の伝説を調べていた時に初めて会ったのでした。
それにしても…かわいいっ!

プニャ
(ミステリアスさと可愛らしさを持ち合わせた不思議なキャプテンと思っているようだ。)


"勇者…を見習うポケモントレーナーよ、いとしの姫をスカル団の手から守るのだ!"
Pokesamuskull5
キャプテンのアセロラが暮らすエーテルハウスで試練の準備をしている途中
リーリエがスカル団のしたっぱに狙われている所を目撃したので、一喝するようにバトルで撃退。

しかし、スカル団からリーリエを守るこのやりとり…
まるでRPGの定番がなんとなく思い浮かぶ!

プニャ
(リーリエのためにスカル団と戦う瀬文やつむ…まるで絵になりそうなシチュエーションだと思っているようだ。)


"やつむは見た! 古びた跡地のぬしポケモン"
Pokesamusiren6
アセロラの試練はカプの村近くにある古びたスーパーマーケットのような施設・メガやす跡地が舞台で
いかにもゴーストタイプの使い手であるアセロラにふさわしい試練ですが…
室内の雰囲気があちこち不気味で何だか不安になります。

どうやら私が持つ"ロトム図鑑"のカメラ機能"ポケファインダー"を利用するらしく
メガやす跡地の室内にうつるゴーストタイプのポケモンを撮影しながらぬしポケモンを探すのが目的です!

試練でポケモンを探す時にコンベアやカート、そしてぬいぐるみが勝手に動き出す…
これぞゴーストタイプのポケモンが出来るスゴ技なのです。


そんな試練の最中、ピカチュウが走り回っているのでメガやす跡地の奥まで向かって
さらにポケファインダーで撮影していると…

…なんと、ぬしポケモンの"ミミッキュ"が登場。
ピカチュウとそっくりな外見をしているのがとても驚きです!

ともかく、いろいろとホラーな試練でとてもゾクゾクしました!

プニャ
(今年のアローラの夏休みが来たらここで肝試し… というわけにはいかないと思っているようだ。
さすがのプニャ自身もここを訪れるのは最低限にしたいと考えているらしい…)


~今回の手持ちポケモン~

□サン

Pokesamu_s_fugaba
・フカマル→ガバイト(タイプ:ドラゴン&じめん 性別:♀ 性格:さみしがり)
サンverの新メンバー候補その1となるドラゴンポケモン。
とても頼もしいほど強い戦闘能力も新しい仲間の候補に選んだ理由だが、
フカマル系の図鑑の解説がなかなか面白いので、むしろ図鑑の方が一番のきっかけである。
…カッコいいよね、噛みつきに宝石やウロコ…そして飛行能力とか。

Pokesamu_s_kesiigeraden
・ケーシィ→ユンゲラー→フーディン(タイプ:エスパー 性別:♂ 性格:むじゃき)
超能力を使いこなすサイキック系ポケモン、このサンverに登場。
彼は物理戦よりも特殊戦が得意なので、打撃でガンガン攻めるメンバーが多いサンverにとって
貴重な魔法使いのようなメンバーになるかもしれない。
(ちなみに最終進化形まで進化しているので、後はレベルを上げて効果的な技を覚えるのみです。)

Pokesamu_s_sirokon
・ロコン(アローラのすがた) (タイプ:こおり 性別:♀ 性格:がんばりや)
なんと、サンverでリージョンフォームのポケモンが仲間入り!
外見も可愛らしく、特殊戦も得意なのでメンバーのバランス面でも頼りになりそうだ。
しかしムーンverのガーディといい、サンverのこの子はこおりタイプなので良い感じに対になりそう。
…ありがとう、リーリエ! (アニメ版ポケサムのおかげかもしれません。)

プニャ
(特殊戦が得意な新メンバーのおかげでメンバーでのバトルのバランスがとれるかもしれないと思っているようだ。)


■ムーン

Pokesamu_m_dannbarumetangu
・ダンバル→メタング(タイプ:はがね&エスパー 性別:不明 性格:のうてんき)
磁力を秘めた鋼のボディを持つ兵器…になれそうなポケモン。
もちろん頼もしそうに強く、外見もカッコいいのが新メンバーに選んだ魅力。
メタルボディにサイコマグネット、なんとカッコいい!

Pokesamu_m_megurokowarubir
・メグロコ→ワルビル(タイプ:じめん&あく 性別:♂ 性格:すなお)
ダークヒーローや魔女っ子が登場すれば、なんと今度は番長にあこがれるちょいワルがデビュー!?
攻撃的そうな能力や外見といい、いつかはとてもカッコよくて強い番長になれそうです。
それにしてもムーンverのメンバー、カラフルかつイカしているポケモンが共存しているような…

Pokesamu_m_mirutanku
・ミルタンク(タイプ:ノーマル 性別:♀ 性格:ゆうかん)
あのアーカラ島のオハナ牧場にて、いかにも牧場が似合いそうな可愛らしいポケモンが新メンバーに。
もともと進化はしないため、本格的なメンバーより臨時メンバーに向いていると思っているものの
ライドポケモンで呼び出せるケンタロスといい、戦闘より趣味向きなポケモンでもいいかもしれない。

プニャ
(カラフルで可愛らしく、そしてイカしたポケモンで彩られていてとても素敵なメンバーと思っているようだ。)

"アローラ! やつむのポケサム日記"いかがでしたでしょうか?
新しい仲間が増えて、マイメンバーもだんだんにぎやかになっています。

これからの島めぐり…または冒険の先を考えると、数々のポケモンやトレーナーとのバトルに
スカル団の脅威や謎多きエーテル財団の秘密など、どこか危険なことが待ち受けていそうな気がします。


でも…これまでの冒険で手に入れたアイテムやお宝、仲間として共に歩んだポケモンたちに
自分が今までつちかってきた経験やこのレポートを一緒紹介する見習いマスコットのプニャ…

そして何より、いとしのマイポケモン・プリンが私のそばにいつでもいるので
どんな危険ことがあっても、なんとかなりそうでとても安心です!

プニャ
(新しく仲間になったポケモンが長い間一緒にいられるよう、無事を祈っているようだ。)


…とはいえレポートを書き終えた今は、ゆっくり休むに限ります!
新メンバーを少しでも鍛えたとはいえ、しばらく休憩が必要です。

それゆけ、瀬文やつむとポケモン達!


~今日のプリン~
Pokesamupurin12
"新発見、プリージョンフォーム!?"

プニャ
(なんとプリンも、アローラ地方で独特の進化を遂げた…らどうなるか考えているらしい。
もしアローラのすがたになれたら、彼女の名前を持つお菓子のような性質を持つ体や甘い香りが欲しいようだ。
まるで、本当のプリンになりたいように…)

2017年5月29日 (月)

どこまで狩れるか、モンハンXX その3

Mhxxgc3
"ルドロスは水が好物なので、水が豊かな渓流は絶好の楽園なのである。"

どうも、こんばんは。
ここで会ったが826年目、瀬文やつむと申します!

実はこのセリフ、3DSのすれちがいMii広場やモンハンでのギルドカードで使っているんです。
(…でも826年とはいえ、そんなに長生きできるかどうか…)

そんなわけでフィールドの採集や大型モンスターとの戦いがおりなす日々を繰り広げ、
多くの素材を得て新しい武器や防具を次々と入手しているちょいクリエイトなハンター・瀬文やつむと…

プニャ
(気が付けば自分と仲間のレベルが20近くまで上がっているのに驚いている
見習いマスコット系オトモ・プニャと、個性豊かなオトモアイルーの仲間たちでお送りしているようだ。)


ただいま進めていない村クエストを達成しながら自分にピッタリの新しい装備を作るため、
ハプルボッカやフルフルなどの手強い大型モンスターを地道ながらも積極的に狩猟して
頼もしい防具一式や属性持ちの武器を作り上げる日々を送っています。

そんな装備クラフト生活のなかでさまざまな武器を使いこなし、多彩な狩猟スタイルや数々の狩技を組み合わせて
クエストの数だけバリエーションが豊富なハンティングアクションも楽しめるので、派手なほど嬉しいです。

プニャ
(オトモアイルーであるプニャ本人と仲間たちも、独自の戦い方や多くのサポート行動を駆使して
にぎやかなニャンターとして活躍できるので、共に楽しいと思っているようだ。)


村や集会所のクエストもだいぶ進み、新たなクエストへ進める緊急クエストにそろそろ挑戦できるので
先が楽しみなのですが、装備の充実など準備が終わってないのでまだまだ当分かかるかもしれません。

そして、あの4大メインモンスターも…
油断どころじゃないあまり、長い間立ち止まってしまいそうです。


しかし、それでもいつか前へ向かうのがハンターたる私というもの…
…たとえ何年かかっても先へ進みたいと思います!
(なんでやねん!)

瀬文やつむとプニャたちのモンハンXXは、まだまだ続く。

2017年5月21日 (日)

初代FFの世界を歩く

どうも、瀬文やつむです!

今日からFFシリーズの第1作"ファイナルファンタジー"こと
初代FFの冒険を簡単なレポートにしてココログで出来る限りまとめてみたいと思います。

前から夢中で何回も楽しんでいた初代FFですが、せっかくのお気に入りなので
この初代FFの世界を少しでもこのココログでまとめてみたい、というのがこのレポートを作るきっかけでしょうか?


プニャ
(前置きはこのくらいにして、そろそろレポートをまとめてほしい顔をしているようだ。)

…ごめん、プニャ!

というわけでこのレポートのゲストとして見習いマスコットキャラクター「プニャ」をオトモにして
初代FFの冒険レポート"初代FFの世界を歩く"を始めたいと思います!


~"初代FFの世界を歩く"における冒険のルール~

・今回始める初代FFのゲーム機種はファミコンであるが、時間が空いている時にすぐ遊べるよう
「ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール」また3DSのVCでファミコンの初代FFを楽しむ。

・この前のごあいさつで説明しているが、万が一のために3DSのVCお得意のゲーム中断や
"まるごと保存・まるごと復元"のほかリセットなどを活用しながら冒険を進める。

・初代FFのレポートとはいえ、データが消える可能性もあるので
何とか完結するかもまだ分からないが、よほどのことが無い限り出来るところまで進めてみる。

・初代FFの基本的な流れや情報などは十分近くに知っているつもりであるものの
自分の経験のみではさすがに大変なので、手持ちの説明書や攻略ガイドをはじめ
インターネットの攻略サイトやデータベースを自由に利用する。

・あとはとにかく頑張ってみる!


(なんか、ルールだけでとても十分な気がするようなしないような…)


"暗黒に包まれた世界と4人の光の戦士、そしてクリスタル"
3dsvcffop
今回冒険する初代の"ファイナルファンタジー"の舞台は
土・火・水・風をつかさどる4つのクリスタルの光によって守られた世界。
そんなある時クリスタルの光が封じられてしまい、各地で数々の異変が起きてしまいます。

しかし、人々に伝わる「この世が暗黒に包まれたとき、4人の光の戦士が現れる」という予言のように
夢の都・コーネリアに4つのクリスタルを持つ4人の戦士である"光の戦士"が現れました。

そして彼ら光の戦士は行く手を阻むモンスター達と戦いながら世界の各地を旅して
多くの人を通じ数々の謎を解き、恐るべき脅威に立ち向かうのがこの冒険の目的です。

…これから先が楽しみです!

プニャ
(いかにもRPGらしい王道なストーリーと楽しみにしているようだ。)


"個性あふれる6つの職業と、マイ光の戦士達"
3dsvcffchara
さて始まりました、初代FFの冒険!

…と、初代FFの冒険を始める前に"光の戦士"となる4人の主人公の職業を選びます。

強力な武器や防具を装備してモンスターと戦うタイプ、レベルが上がるほど強くなるタイプに
回復や守りが中心の白魔法、全体攻撃や足止めを得意とする黒魔法などさまざまな魔法を扱うタイプなど
個性豊かな6種類の職業から4人以内で組み合わせて多彩なパーティを作りあげることが可能です。

そんなわけで、6種類の職業を簡単に紹介。

せんし→ 強力な武器や頑丈な防具を使いこなし、格闘戦でモンスターと戦うのが得意な職業。
      鎧や盾などを多く装備出来るおかげで打たれ強い。

シーフ→ ほかの職業より動きが素早く、モンスターとの戦いから逃げやすい職業。
      せんしやモンクと比べるとやや戦闘に向いてなさそうなので注意。

モンク→ 装備を身に着けず素手で戦う職業で、レベルが上がるごとに武器や防具を装備していない時の
       攻撃力や防御力が高くなる特殊な能力を持つ。 しかし、魔法は得意ではないらしい。

あかまじゅつし→ 白魔法・黒魔法といった両方の魔法を使いこなし、武器での戦いもこなす職業。
           使い方次第で様々な活躍を見せる万能タイプの魔術士でもある。

しろまじゅつし→ 味方の支援やHPの回復を得意とし、ゾンビなどのモンスターを倒す白魔法を得意とする職業。
           もちろんサポート役に向いているが… めっちゃ可愛いっ!  
           …と筆者の私はそう思います。

くろまじゅつし→ 群れになったモンスターをまとめて攻撃したり足止めする黒魔法を得意とする職業。
           その反面、武器での戦いが苦手でHPが少ないのが難点。

…と紹介したように、それぞれ得意な事と苦手な所があるので
職業ごとの特徴を少しでも覚えてパーティを組んだほうがいいかもしれません。
戦闘と魔法をバランスよく組み合わせたパーティや攻撃特化のスタイル、そして魔法が得意なスタイルのほか
普通では考えられない組み合わせをしたパーティなど、さまざまなパーティでの冒険が楽しめます。

そして1度組んだパーティは途中で組み直すことはさすがに難しいので、
良く考えて有効なパーティを編成した方がいいかもしれません。
(ゲームやRPGに自信がある方は、普通ではありえなさそうな組み合わせでも…?)

…皆さんも、みなさんだけの光の戦士を作り上げてはいかがでしょうか?

3dsvcffarukuparty
…というわけで、今回わたし瀬文やつむが考えたマイ光の戦士がこの方たちです!
今回は冒険を安全かつ快適に進めたいので、バランスが良いパーティで編成しています。

~"初代FFの世界を歩く"のマイ光の戦士たち~

せんし(せんし)→ やはり光の戦士の代表と言えばこの職業で決まり!
           「クリスタルの光は必ず俺が取り戻す!」というセリフが似合いそう。

もんく(モンク)→ 自らの拳でモンスターを倒す、ワイルドな格闘家。
           目指すは最強の攻撃力を誇るレベルMAX!

あかま(あかまじゅつし)→ 赤い帽子とマントがポイントのカッコいい魔法使い。
                 髪型がロングな銀髪なので、クールな少女でもいいかも?

しろま(しろまじゅつし)→ ドレスのような白いローブが可愛らしい、光の戦士のヒロイン候補。
                自分の頭の中では、猫のような耳付きフードが一番似合うかも。


以上…初代FFを歩くマイ光の戦士の自己紹介でした。
それでは、いよいよクリスタルに光を取り戻す冒険の始まりです!

プニャ
(どうやら…前置きや自己紹介だけで満足しそうな顔をしているようだ。)

…うん、私もそう思う。
しばらくひと息入れようかな…


"コーネリアの城にて、最初の任務"
3dsvcffarukuconeriasiro
さて、初代ファイナルファンタジーはコーネリアという国の城と街の近くで物語が始まります!
光の戦士を編成し終えたとたん、突然ここにいるのでやや驚きました。

どうやら城の王様たちや兵士、町の人々の話によるとコーネリアの王女セーラが
"ガーランド"というこの国に仕えるナイトにさらわれて"カオス神殿"まで連れ去ってしまったようです。
そして、光の戦士たちがセーラ王女をガーランドから救い出すのが最初の目的となります。

…物語において一番最初の任務なのですが、はじめから魔王を倒して姫を救出するといった
どこか斬新な流れなので、なにかと不安ながらもワクワクしてきます。

プニャ
(「最初から決戦」という言葉が似合いそうで楽しみにしているようだ。
…とはいえ、光の戦士はまだ強くないので不安もあるらしい…)


"コーネリアの町でトレーニング"
3dsvcffarukuconeriamati
ただいまコーネリアの町にある店で武器や防具などの装備、白魔法や黒魔法などを準備している最中。
最初の装備や魔法はあまり頼りないかわりに値段がとても安いので、いかにも序盤といったかんじです。

装備はもちろん"ギル"というFFシリーズにおける所持金を利用して店で入手するのはもちろんであるものの、
肝心の白魔法や黒魔法はモンスターとの戦いで経験値を得てレベルを上げるだけでは覚えられず
魔法を専門とする店でギルを払って覚えるもので、なかなか変わった手順になっています。

しかし序盤で安価の装備や魔法といい、とてもそれらしいと思います。
そう、すべてはここから始まるのだった…

3dsvcffarukubattle
準備が終わった後、まずはレベル上げのトレーニングとしてコーネリア近辺でモンスターと戦うことに…
相手はゴブリンというモンスターがほとんどで、武器での攻撃のみでも倒せるのでとても安全に戦えます。
でも…こちらもレベルが低いので攻撃が外れることもあり、格闘戦だけではまだスムーズに戦えません。

…それでもレベルを上げるため、まだ不慣れな腕と数十ギルで購入した武器を使いこなして
ひたすらゴブリンを倒していきたいと思います。
がんばれ、マイ光の戦士!
.
3dsvcffarukuarekore
…そしてトレーニングの末、マイ光の戦士がレベルアップ。
レベルが上がることによってHPをはじめ、ちからとすばやさにちせい…
そしてたいりょくやこううんなどの能力が上がることがあり、いくつもレベルを上げ続ければ
前よりも頼もしく打たれ強くなるので、モンスターと戦い続けてどんどん強くしていきましょう!

しかし、トレーニングを続けるとさすがにくたびれてきます。
ここはそろそろコーネリアの宿屋で休憩して、HPもMPも回復してきましょう!
それに何よりここまでの進行がセーブできるので、一休みするのにピッタリです。

さて、十分に強くなったらそろそろカオスの神殿でセーラ王女救出劇と行こうかな…

プニャ
(瀬文やつむは十分に準備してから先へ進むタイプのようだ。)


"光の戦士VSガーランド、セーラ王女救出劇"
3dsvcffarukuchaossinden
コーネリア城のセーラ王女を救出するため、コーネリアの少し北にある
"カオス神殿"に隠れている"ガーランド"との戦いを繰り広げている様子。

相手はコーネリア国のナイトらしく強力な打撃で次々と攻撃を仕掛けてくるので
こちらも素早く格闘戦で応戦しつつ、あかまが覚える黒魔法の"サンダー"で積極的に攻撃して見事に倒しました。
ガーランドは一番最初の強敵なので予想よりはそこまで手強くありませんでしたが、
これから先の敵はそう簡単にはいかなさそうなので油断は出来ません!

…ともかく、セーラ王女を救出して王様がコーネリア城の北に橋をかけてくれたので
次の場所へ進めるようになりました。

3dsvcffarukuconeriasiro2
ちなみにセーラ王女からはコーネリアに代々伝わる"リュート"をもらいました。
言い伝えによると「リュートの音色により悪の扉を打ち砕く」というらしいそうです。

一体いつ、どこで使うかは分からないものの
何かの縁なので大事にもらっておきましょう!

プニャ
(コーネリア国での初任務を終えた後は、本当の冒険の旅が始まるのが楽しみのようだ。)


"冒険の幕開け、探求の旅の始まり"
3dsvcffarukuopning
コーネリア国のすぐ北にかかった橋に一歩を踏み出すと、はじめにふさわしい探求の旅の始まりです。
タイトルやオープニングは一番最初に流れるのが定番という事もありますけど、
なんと初代FFでは最初のイベントをひと段落してからオープニングが始まるのでとても驚きです。

プニャ
(チュートリアルとなる依頼を終えてから物語が始まる、なかなかセンスのある演出だと思っているようだ。)


というわけで"初代FFの世界を歩く"のレポートはいかがでしたでしょうか?
ゲームのレポートをいくつか書いている時に初代FFのレポートを始めるのは大変なところもありますが
自分のお気に入りなゲームなので、しばらくだけでも書き続けられるでしょうか?

プニャ
(ゲームのレポートとはいえ、気の向くままに書くのが一番と考えているようだ。)


…とにかく、これからも初代FFの世界を少しづつでも歩いて行きたいと思います。

そして、マイ光の戦士の探求の旅こと…初代FFの世界を歩く冒険が始まるのであった!

初代FFの世界を歩く ごあいさつ

どうも、瀬文やつむです!
最近はモンスターの狩猟をはじめ、仲間にして育成するゲームを楽しんでいる日々を送っています。
(タイトルの名前についてはだいたい想像がついてもナイショです。)

でも、そればかりではさすがに飽きてくるので
たまには他のゲームを始めたくなってきました。

こういう時は…


3dsvcffarukustart_2
"ファイナルファンタジー (スクウェア・ファミコン)"
(今回は3DSのバーチャルコンソール、またはVCで始めてます。)

というわけで、スクウェア・エニックスが送るFFシリーズの第1作"ファイナルファンタジー"こと
初代FFの世界を3DSのVCで楽しみたいと思います!

もちろん簡単なレポートにしてココログにまとめてみたいと思いますが、
他のゲームレポートよりも負担を少なくしたいのでゲームを中断して途中から始めたり
3DSのVCの得意技である"まるごと保存"や"まるごと復元"のほか、万が一のためにリセットしてやり直すなど
本来よりやや変わった遊び方で初代FFの世界を楽しみたいと思います。

(どこか正々堂々としてなくてすみません!)


そしてこの記事は前置きなので、本格的なレポートはまた後になるかもしれません。
編集のこともあるので簡単にはまとめられなさそうですが、なんとか仕上げてみたいです!

でも今日はゆっくり休みたいので、そろそろここまでにしたいと思います。
それでは、初代FFの世界でまたお会いしましょう!

2017年4月22日 (土)

どこまで狩れるか、モンハンXX その2

Mhxxgc2
"ジャギィのコンビとランポスたちのかけっこ大会、なかなかいい勝負。"

どうも、こんにちは!
モンハンXXでも一狩りの真っ最中です。

原作であるモンクロを遊んでいたものの、まるで新しい新作のモンハンを遊んでいる気分で
これからが楽しみな新人風のハンター・瀬文やつむです。

プニャ
(仲間のオトモも一通りそろい、モンクロのこともあってニャンターでも
十分近くに活動できるようになった見習いオトモアイルー・プニャがお送りするようだ。)


ただいま村クエストにて大型モンスター相手にハンティングライフの真っ最中で
各武器やスタイル、そして狩技の練習に励む日々を送っています!

アオアシラをはじめとした危険度の低い大型モンスターの狩猟はもちろん、
イャンクックなどの本格的な大型モンスターを倒すことも出来るようになりました。
やはり原作のモンクロで鍛え続けたおかげもあったのでしょうか?

プニャ
(ニャンターでもあるプニャ自身も、オトモと力を合わせてドスランポスも狩猟できて嬉しいと思っているようだ。)


一度モンクロを遊んでいるのか、大型モンスターとの戦いでもあまり緊張感は少ないものの
時にはピンチになったり狩技や罠での足止めに失敗したりするのでやはり油断できません。

それでも、モンスターハンターならではの面白さがたくさんあるので
足踏みする時間は最低限にした方が良いのでしょうか?


…そうと決まれば、準備が整い次第モンハンXXで一狩りして行きたいです!

瀬文やつむとプニャ達のモンハンXXは、これからも続くのであった。

2017年4月16日 (日)

アローラ! やつむのポケサム日記 その11

アローラ!
冒険を進めるごとに奥深くなってゆく物語をひそかに見届けるポケモントレーナー・瀬文やつむです。

マイメンバーのポケモン達と共にウラウラ島の島めぐりでポケモンバトルを繰り広げ、
向かう先の試練も達成して気分は快進撃!

…そして、ポケモントレーナーである私の行く手をはばむように現れるスカル団のボス。
まるで私が強くなるごとに敵方の脅威も増しているようでとてもスゴい展開になりそうです!

プニャ
(先へ進むと道が広がり様々なものが見つけられる…それが冒険の醍醐味と思っているようだ。)

それでは肝心の"アローラ! やつむのポケサム日記"とは…


~ただいまの様子~

□サン
次の試練に挑戦するため、マリエシティの先にあるホクラニ丘へ向かい
そこにあるホクラニ天文台のキャプテン"マーマネ"の試練を達成!
しかし、私の行く先にあのスカル団のボス"グズマ"が立ちはだかる。
先に進むにつれ脅威が増していくスカル団といい、あきらかに最初とは違うような…

■ムーン
最近ではムーンverを先に遊んだり、サンverを優先して進めたりするなど
自分次第で優先して遊ぶポケモンを選んでいる。
それにしても今度の冒険は何かと不安が残りそう…?


"ナッシーバスとスカル団"
Pokesamuskull4
次の試練の目的地となるホクラニ天文台があるホクラニ丘へ向かうため、ナッシーバスが来るバス停へ向かうが
バス停を持っていこうとするスカル団のしたっぱ達と遭遇し、バトルで見事追い払う。

…しかしバス停で自分の本拠地を飾るというあたり、
スカル団はなかなかオシャレな悪の組織だと思うこの頃であった。

プニャ
(彼らの本拠地が屋敷というあたり、意外と贅沢な悪の組織かもしれないと思っているようだ。)


"ホクラニ天文台のキャプテンのいとこ・マーレイン"
Pokesamumarein
アローラ地方における"ポケモン預かりシステム"のシステム管理人で、
かつてはキャプテンでもあるホクラニ天文台の天文台長。

マーマネと気が合ういとこであり、ククイ博士の友達でもある。
そんな彼が管理するホクラニ天文台で試練を受ける前に、彼ともポケモンバトルを挑む。

プニャ
(ちなみにマーレインは鋼タイプの使い手で、やや意外で驚いたらしい。)


"人見知りのエンジニア・マーマネ"
Pokesamumamane
ホクラニ天文台で挑戦する試練のキャプテンであり、でんきタイプの使い手。
様々な発明が得意なものの人見知りらしく、あまり知らない人がいると上手く話せないらしい。

ちなみに彼は、いつもお世話になっている"フェスサークル"のオーナーでもある。
マーマネ様…いつもありがとうございます!

プニャ
(それにしても、アニメ版ポケサムと比べると何か違和感があると首をかしげているようだ。)


"暗闇から現れるぬしポケモン"
Pokesamusiren5
マーマネの試練はなんと、彼自身の発明を利用してぬしポケモンを呼び寄せるもので
はじめからぬしポケモンとバト… あれ?

…え、停電!?
そしてなぜかドアも閉まっているなんて、聞いていません!

何とか音声クイズでドアを開けようと思っているんですけど…
…そんでもって、なぜか野生のポケモンとバトルしています。

あっ…そろそろぬしポケモンの"クワガノン"がここに…
よし来た、いよいよバトルの時間だ!

…という風に、マーマネの試練をこなしていきました。

プニャ
(何が起きているのか良く分からないものの、こういうのも試練と考えているようだ。)


"ホクラニ天文台のコイルによると"
Pokesamukoiru

…トンツートン。

プニャ
(トンツートンと思っているようだ。)


"スカル団のボス・グズマがここにいるぜ"
Pokesamuguzuma
Pokesamuguzuma2
いよいよやってまいりました、スカル団をたばねているボス"グズマ"の登場!
「破壊」という言葉でアピールしていて、バトルでは容赦ない攻撃を相手に浴びせる戦法を好みます。
かなりの実力者なものの「本当はキャプテンになりたかった」という話もあるそうですが…

彼はマリエ庭園でしたっぱと共にククイ博士とバトルをしようとしていたらしく、
そこに私が駆けつけて、グズマの相手となり苦戦の末撃退しました。

スカル団のボス・グズマ、すなわち彼が悪の組織の親分だとすると
今回のポケモンにおける最大の敵…といったところでしょうか?
しかし、彼を倒して物語がひと段落…になるかどうかまだ分かりませんし…

とにかく、彼はポケモントレーナーである私に立ちはだかる強敵の一人だというのはたしかかもしれません。
スカル団もといグズマとの決着をつけるためにも、こちらも強くなりたい所です!

プニャ
(そんなアローラの悪の組織のボス・グズマには「魔王」という称号を与えたいと思っているようだ。
そしてアローラのポケモントレーナー・やつむには「勇者」…はまだつけるべきではないと考えているらしい。)

そんな、プニャ…

「見習い勇者」や「自称・勇者」、または「勇者に憧れるポケモントレーナー」なら
まだ何とか名乗れそうだと思うんだけどな。


"ハプウとバンバトロ、ふたたび"
Pokesamuhapuu3
次の試練があるという場所を目指そうとしたところ、再びハプウとご対面!
今度はライドポケモン"バンバドロ"が仲間入りとなり、さらに移動手段が多彩になりました。

それにしても謎が多いハプウ…彼女はいったい何者なのだろうか?

プニャ
(どうやらプニャはハプウの外見…または顔のことで頭がいっぱいな表情をしているようだ。)


"スカル団の目的とは…?"
Pokesamuhauandgrajio2
次の試練への途中経過地点であるカプの村へ向かおうとすると
相棒のハウと、久々にスカル団の用心棒であるグラジオとのやりとりが。

ここでポケモンバトルが始まるかと一瞬身構えるものの、グラジオによるとスカル団が
コスモッグというポケモンを探しており、それを利用されるととんでもないポケモンを呼び寄せかねないとの一言…

悪の組織にしてはどこか面白いスカル団なのだが、
その中で真面目そうな用心棒のグラジオの話はいかにも話が本格的である。

…しかし、とんでもないポケモンとは一体何者なのだろうか?
今回のポケモンにおける"伝説ポケモン"なのか、それとも…?
まったく謎は深まるばかりである。

プニャ
(とにかく、リーリエとコスモッグことほしぐもちゃんを守った方がいいという事が分かったようだ。)

…ナイスだ、プニャ!
やはり勇者と悪の戦いのストーリーはこうでなく… いや、話が盛り上がってゴメンなさい。


"色違いのポケモンが再び私の前に"
Pokesamuirotigaiisitubute
とあるポケモンを探して再び草むらを探していると、色違いの"イシツブテ"を発見。
しかも"リージョンフォーム"のイシツブテであり"アローラの姿"とも呼ばれているらしい。

プニャ
(色違いにふさわしい黄金のボディがカッコいいと憧れているようだ。)


~今回の手持ちポケモン~

□サン

残念ながら、最近は紹介できそうなメンバーがあまりないんです。
せっかくの手持ちポケモン紹介なのに、すみませんでした!

プニャ
(手持ちメンバーの紹介が難しい時もあると納得しているらしい。)


■ムーン

しばらくは手持ちポケモンの紹介、休みにした方が良いのでしょうか。
こういう時は他の事を紹介しようかな…?

プニャ
(また新しいポケモンを仲間にしようと伝えているようだ。)


"アローラ! やつむのポケサム日記"…今回もいかがでしたでしょうか?
何日も何週間もかけてまとめあげた大ボリューム…のようなレポートになったと思います。

島めぐりでのこれまでの冒険を振り返ってみると、最初は安全で楽しい冒険のはずだったものの
悪の組織やポケモンを保護する謎の団体、そして謎に包まれた多くの人物やポケモンらしき者たちなど
どこか緊迫感がありそうな冒険になってきてそうな感じです。

プニャ
(物語は先へ進むほど奥深くなる、というものと考えているようだ。)


それでも、ここで立ち止まっているわけにはいきません!
この先に何が待っているのか確かめるため、少しづつでも進んでいきたいと思います。

瀬文やつむとポケモン達の島めぐりに、後退という文字はない。


~今日のプリン~

Pokesamupurin11
"プリン、ウルトラビーストごっこを楽しむ"

プニャ
(プリンにとってウルトラビーストは、宇宙からやって来た未知の生物みたいな者だと思っているらしい。)

2017年4月 2日 (日)

どこまで狩れるか、モンハンXX

どうも、こんにちは!

今日から"モンスターハンター ダブルクロス"の様子を
ココログで簡単なレポートにしてまとめてみたいと思います。

Mhxxgc1
"やはりハンターやオトモといえば「ハンターシリーズ」と「どんぐりネコシリーズ」が一番かな?"

…そんなわけであらためて"モンスターハンター ダブルクロス"略して"ダブクロ"…それとも"モンハンXX"?
(こういう時、どちらにしようか迷うな…今は一応"モンハンXX"にしようか?)

ええと、"モンスターハンター クロス"のバージョンアップ版であり新作でもあるモンハンの世界へ顔を出したばかりのモンハン知識や経験はそれなりな初心者気分のハンター・瀬文やつむと…

プニャ
(このモンハンXXでのレポートのゲスト担当であり、瀬文やつむのオトモアイルーでもある
見習いマスコットキャラクター・プニャでお送りしたいと思っているようだ。)


ただいまデータ引き継ぎナシの最初からやり直しでコツコツ村クエストを進めており
数々の新しいシステムを活かして楽しみながら採集や小型モンスターの討伐、
そしてドスマッカォなどを相手に大型モンスターを狩猟する練習に励んでいます。

特に新しい狩猟スタイルやSP状態での味方の強化が出来るSP狩技、
新たなサポート行動やオトモスキルにより多彩さを増したオトモアイルーもといニャンターなど
モンハンXXならではの新しいシステムがとても魅力的です。

プニャ
("モンスターハンタークロス"を元にしたバージョンアップ版ながらも、
まるで新作を楽しんでいるようでかつてない新鮮さを味わっているようだ。)


…とはいえ、バージョンアップしてボリュームもさらに増したモンハンXXを
制覇…またはひと通り達成することは出来るのかどうか…

いや、まずはとにかくクエストをこなして少しづつ進めながらの「どこまで狩れるか」というのが
私におけるモンハンXXの最初の目的かもしれません。


それでもまずは本格的な狩りを楽しめるようにするため、しばらくは下積みの日々が続けていきたいです。
毎日の一日一狩りが新たな狩猟への第一歩! …といった所でしょうか?

瀬文やつむとプニャ達のモンハンXXが今、ここに始まろうとしている。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ