« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

明日のご飯のために、今日もお米をしかける

どうも、お待たせいたしました!

秋後半の日々を過ごし続けている瀬文やつむでございます、と気が付けば11月も終わり間近…
もしかして新たな12月がやって来るのでしょうか?

…となると待ちに待った楽しみな冬の始まり。
冬といえばやはり雪で飾られた銀世界をはじめ、まずはクリスマスに大みそかですね!

ん、クリスマスの後に大みそか…つまりは年末?
まさか、2018年から新たな年が始まる――

――という詳しいお話はまた今度にして、本題をいざご紹介。

Suihan

今回のお題はこちら…自宅でよく利用している炊飯器で、朝昼晩での主食をはじめ
活動先へ持っていくお弁当などでよくお世話になっているほど、わが家のご飯には欠かせないもの――

そんな馴染みのご飯を炊くとはいえ、元となるお米を水でといでから炊飯器で仕掛けて炊くのですが
実は数ヶ月前からここまで、夕飯の後に私がほとんどお米をといで仕掛ける担当をこなしているものの
最初と比べてコツやポイントをつかめているためか、スムーズかつ効率的にご飯を炊けている気がするんです。

最近は自分で料理を作るというのはあまりないものの、ご飯炊きはほとんど私がこなしているため
こういうことも料理のスキルを磨いているのかもしれない、と思うこの頃でした。


そういうことで、今日のまとめはここまでが丁度良いですね!

どうやら明日から11月が終わり新たに12月が始まりそうですけど、こうなるとさすがの秋も
いつのまにかあっという間という気が…いえ、また来年になって何ヶ月も過ぎたらまた来るかもしれませんね。

しかし日々や季節を流してゆく時間が気になっても、無理をしないかつ頑張りながら今日を過ごしてゆく…
そのなかで、新たな面白い事や素晴らしい者…そして大切何かがひとつでも見つかることを私は信じています!

…というわけで、今日はここまで。
お疲れ様でしたっ!

2018年11月14日 (水)

ずっと噛みしめていたいほど美味いホルモン

どうも、あらためて826番ココログの管理人・瀬文やつむです。
ただいま11月を過ごしはじめて何日目…どういう月日になるかどうか――

そんな秋の後半、実は少し前に雨の天気が数日間降り続いたこの頃ですが
寒くなりそうな時期に雨が降る、となると来月はじめには雪が降りそうな予感が…

とはいえ、かなり低い気温と雨降りでそう簡単に雪の季節が来るのはさすがに…でしょうか?
やはり銀世界でしたら冬の本番がふさわしいかもしれませんね。

(…今は曇りどころか、だいぶ晴れていますけど。)

Yamihoru
"やみつきホルモン"

ということで、今回はこういうものを紹介したいと思います。

いわゆるホルモン…いわゆる内臓、はたまたハラワタみたいなものを乾燥フライで仕上げたものなのですが
肝心の味は本来の焼肉屋で味わえるホルモンのような味わいが残っており、ドライな干し肉のような口当たりでも
まるで珍味や絶品のような旨味が第一のポイントでしょうか?やはり乾いてもホルモンといったところですね。

しかし珍味系のお菓子とはいえ、午後の3時にいただくのみならず炭酸飲料と一緒に味わうほかに
何袋か買いためて非常用にとっておくのもアリかもしれません?
あの美味しさ満点の旨味でありながら保存にまで優れてそうな乾燥具合といい、何かと優秀な気がします!


というところで、今日はここまででございます。

何日か過ごして気が付けば11月もなかば…こう来ると年末どころか来年まであともう少しという気が――
――するのはさすがに気のせい…でもなさそうですね、ただいまテキパキ中な私の活動からすると…

それでも、ハイスピーディな流れの日々を過ごし続けるのが今の私826番。
無理をしないように頑張り気を付けますね!

それでは毎度のごとく、これで失礼いたします!

2018年11月 8日 (木)

食欲の秋、いただきます 2018年

どうも、毎度おなじみ瀬文やつむでございます。
ハロウィン気分な10月が終わりを告げて今度は11月、秋の季節も後半ということでしょうか?

…つまり銀世界を呼び出しそうな新しい季節の予感、そして体調を崩しかけてしまいそうな気温が
さらに低くなる――これは暑いどころか厚着という言葉があきらかに似合いますね。

ここまで今年を過ごし続けると、季節はそれぞれ色々楽しめるとあらためて思います!

Punyacolors3dpart2_53

さて…季節の変わり目が近い11月とはいえ、食欲なグルメシーズンはまだまだ続きます。
ちょうどだんごが秋の味覚になりきって、見習いマスコットのプニャもキノコを頭に―――ってどういうこと!?

そんな秋によく味わえるものといえば、合戦で有名な柿にイガイガなトゲに隠された栗などですが
実はわたし瀬文やつむ…お恥ずかしいところこういったものが自分だとうまく食べられないタイプで、
ハロウィンご用達のカボチャなどクセのあるものは未だにいただけられず
お題にあげてみたいとしても多くは多くは語ることが――

…と思ったのですが、今の私ならそういう秋の味覚もクセを和らげたり甘い香りを付けるなど
調理次第でお菓子に仕上げれば、あとは勇気次第で何とか味わえるかもしれません。

その他にも、マツタケの炊き込みご飯やサンマの塩焼き…そして大好物のお鍋といったものまであるので
私のような人でも夕飯の食卓でなら食欲の秋、楽しめますね?


ということで、今回はここまで。

気が付けば秋も終わりが近い時期――食欲は十分以上なものの芸術や運動、そして読書など
肝心の秋を本当に楽しめたかどうかなのですが…たとえ秋をひと通り全てを満喫していなくても、
例えばひたすら食欲一筋で突っ走る…という秋もアリかもしれませんね。

あと数週間で、銀世界を呼ぶ新たな季節が――
聖夜や新年、そして節分やショコラなシーズンが楽しみです!

それでは、今日はここで失礼いたします。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ