« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

隠されし団子、その名も隠れだんご

どうも、なにもどれも…
どちらにしても、私は瀬文やつむでございます。

まちに待った6月も終わりが近づき、次なる7月が新しい季節の到来と共に始まろうとしているこの頃。
1週間に1回、ココログで新たな記事を書くことを心がけているため1ヶ月の終わりが早く思えるのでしょうか?
…を考えたとしてもこれからの月日や季節をひたすら過ごし続けるのが私のスタイルです!

Dango6

そんなご挨拶のところで、今回はインスタントキャラクター・だんごをご紹介!
この様子から見ると…見えないところに隠れたり現れたりする練習をしているのでしょうか。

物陰に隠れてから突然現れて驚かす…特にゲームでは楽しいと思いません?
不意を突くという言葉もありますが、普段そう簡単には見えないところからの行動は色々と面白いかと思います。
隠れたところから現れるほか、集中しているところから何かが飛び込んできたり
予想していないハプニングがいきなり起きるなど…


…とはいえ実際には危険なうえ、私自身も誰かや皆さんをそんなに驚かせたくないほか
そもそも瀬文やつむ本人まで深刻なまで驚くハプニングは苦手なので――

それでも、その突然な危険がゲームなどで楽しい表現やド派手な演出で現れたとしたら
驚くのみならず何か楽しみや喜びまで得られるような気もします。 …私の例えでしたら、まるでシビれるように!
もし喜びそうなものや楽しい事が突然飛び出して来たら、嬉しいほど驚きませんか?


さて…相変わらずみたいにお題から大幅に飛び出したような話になりましたけど
今回はこれくらいまとめると十分だと思うので、ここまでにしたいと思います。

しばらく…あるいは基本的にさまざまなものを元にして雑談気味な話をまとめた記事が続くかもしれませんが
自分の思った事や考え方、あるいはスタイルやタイプを自己紹介のように話している…と
大目にご覧になっていただけたら光栄でございます。

果たして、次はどのような記事を書き上げ――
そういえばあとわずかで新たな7月、7月といえばやはり…


…必ずでなくても、まとめられる所までおまとめしてみましょうか?
それでは、またどこかでお会いできるよう失礼いたします!

2018年6月23日 (土)

僧侶ことプリースト、どうして貴方はそんなに奥深いのだろう?

どうも、毎度おなじみ瀬文やつむともうします。
晴れや曇り…日差しや雨降りなど多彩な天気の6月も気が付くと半ばになっているこの頃――
もしかしてさらに過ごし続けると夏を楽しめるのも夢ではないでしょうか?

そういえばこの6月、ジューンブライドという聖なる行事でにぎわっていると聞いたことがあるのですが
聖なる…といえば冬の12月や2月をはじめ、そして秋の10月――まで当てはまるかどうか分からないものの
やはりイベントにうってつけの行事というものは聖なる雰囲気があって楽しいと思います。

そんなわけで今回はRPGの支援ならお任せの聖なる方々「僧侶」または「プリースト」を紹介です!

(…前置きの6月の行事をゲームに関するお題に応用させるなんて、なんという――)

Sister
RPGのサポート担当な僧侶といえばやはり回復魔法、敵の強烈な攻撃に受けてHPがピンチな仲間がいる時は
まず彼女たちにHPを回復させてもらうのが基本といったところ――それこそがプリーストたる由縁ですね。

他にも毒を治療したり力尽きた仲間を復活させるほか、守りの魔法で敵の攻撃を軽減させたり――
戦闘の主要となる仲間の後ろで魔法を活用してバトルを有利な状況へとはこぶ…

そんな支援を得意とする彼女たちを十分に活躍させて、いかに倒されないように持ちこたえるかが
RPGのバトルにおけるサポート担当こと僧侶の奥深さでしょうか?


Sister2
――しかし、そんな僧侶たちがこなす支援も敵に回るとなると…頼もしい、ではすまないと思います。
分かりやすく例えてみるとしたら、攻撃を受けて弱っているモンスターのHPを回復させる特技を持つモンスター…
想像してみると、間違いなくただでは終わらなさそうにヤバい…というひとことがつい出てきそうですね。

しかもRPGのなかでは回復魔法を使いこなすのみならず、相手の魔法を封じるほか動きを止めたり
HPが減っていない相手でも一撃で倒せる魔法を持つとのウワサなので…

…ここまでくると、さすがに甘いというセリフを言うのは難しそうですね。
HP回復や状態異常の治療、そして戦闘不能からの復活を元としてステータス管理のスペシャリストと名乗るなら
逆にHPをほとんど減らすほか相手に状態異常を与えることも…時としてできそうな気がしません?

(トゲがある綺麗な花のごとく、優しい僧侶は呪いまで使えるということでしょうか? …カッコいい!)

そのうえ僧侶はゾンビやゴーストなどといった不死系モンスター退治が得意という話もあるのですが
彼女たちが不死系モンスターを倒す…という一例を応用して逆に味方につける能力まであれば――


…すみません、話が大幅にずれてしまったかんじがしますね。
ほかの理由をあげてみますと神や天使を通じて活動している方々のが本来の「僧侶」らしく
その一方、本来生きていた人や生き物が何かの力により怪物みたいに生まれ変わったものー…
つまり先ほどのゾンビやゴーストなどの不死系モンスターを退治する能力を持つ――

神では例えが難しいのですが、天使や不死系モンスターはとある話によると
かつて生きていた人々の生まれ変わりという説があるらしく…となれば僧侶は「生命」をつかさどる――
つまり回復の魔法で仲間を助ける事も出来るほか、状態異常を与える魔法で敵を妨害することもできる…


…ということを自分の頭ばかりで考えていましたのですけど、
さすがに自分だけに通じるお話になってしまったでしょうか?

――しかし、それだからこそ僧侶は奥深いほど素敵な職業だと私は考えているこの頃。
もしかすると私が遊ぶRPGにおいて選んでみたいタイプといえることも…!?

(可愛い系を求める私でも、かわいいキャラクターならプリースト系になってほしいうえ
私本人でも僧侶などのサポート担当を試すのはそんなに恥ずかしくなさそう…のはまだ先の話でしょうか?)


さて、楽しく盛り上がり気味の今回のお題はそろそろここまで。
なぜか勢いで自分ばかりハイテンションな話になってしまいましたが、私本人において楽しめたうえ
わずかひとつでも関心を持っていただけたらなお嬉しいです!

これからもこのようなほとんど自分にしか通じないお題を出す事もあるかもしれませんが、
…それでも大目に見てくださると何よりでございます。
少なくとも自分のスタイルや趣味などの自己紹介になるかもしれませんので――


というわけで、またいつかのどこかで…お会いしましょう!

2018年6月11日 (月)

アローラ! やつむのポケサム日記 その15

アローラ――
あらためましてアローラ地方のポケモントレーナー・瀬文やつむでございます。

これまで紹介したようにスカル団の脅威やエーテル財団の謎で物語がしだいに危険度が増して
そろそろ"ポケットモンスター サン・ムーン"が送るアローラ地方の島めぐりも後半に近くなっているこの頃…

…しかし、この冒険を通じてトレーナーである私の才能や冒険のメンバーとして連れているポケモンも
かなり上達しているほど強くなっているのは明らかであるのは間違いありません。

プニャ
(いまの瀬文なら、多くの困難が待ち受けていても何とか進めそうな気がすると思っているようだ。)

その通り…ここまで進んだからにはさらに先へ進むのが一番と聞きますから――
というわけで、今回はこれまで以上のようにアローラ地方を歩いてみたいと思います!

(ここからの冒険は大詰めに近いため、細かい事はあまり紹介するのが難しいので
詳しくはインターネットや本作のゲームなどで調べてみるといいかもしれません!)

それでは今回の"アローラ! やつむのポケサム日記"をここに――

~ただいまの様子~

□サン
エーデルワイ…いえ、エーテルパラダイスでの戦いを終えて新たな島"ポニ島"へ――
物語もあきらかに終盤に近くなってきたので、油断は禁物というのは間違いありません。
果たして今回の島巡りではどのような冒険が待っているのか…

■ムーン
サンverのような様子とはいえ、こちらでも本格的に紹介します。
このココログにてレポートでまとめながら冒険してきた"アローラ地方"――
最初はどうなるか分からない所もあったものの、終盤といえるところまで来れたので
私としてはとても上手く行けたほうかもしれません。 
この冒険…終われはしなくてもすすめる所まで進んでみたいと思います!

"ゼンリョクの瀬文やつむ、その名もヤツムZ…!?"
Pokesamufashion5
まず最初はマイファッションの紹介なのですが、メガシンカ…いえ、リージョンフォーム…?
ええと…ゼンリョクの姿に進化したリーリエZを見習い、私の服装もゼンリョクに進化しました。 

…見ての通り、初期の服装と比べてシンプルさに磨きがかかっているのがポイントでしょうか?
特にボタン付きのシャツがそれを物語っています。

外見からしてゼンリョクさはあまり感じ取れるかどうかわからないものの、これまでの冒険を振り返ってみると
私自身の全力が秘められてそうかもしれない…と思います。

それでは、いざ新たな冒険へ!

プニャ
(まさにシンプルイズベスト、というひとことが似合うと考えているようだ。)


"新たな島、その名もポニ島"
Pokesamunewadventure
というわけでまいりました、アローラ地方にある島のひとつであるプニ…"ポニ島"でございます!

この島は自然豊かな地形が特徴で、暮らす人々は少なく船を利用した"海の民の村"が主な拠点で
メレメレ島やアーカラ島…そしてウラウラ島と比べると見たことの無い環境なので驚きました。
…スカル団の用心棒さま、私たちをポニ島へ送っていただき感謝します。

そして…リーリエが以前と比べてたのもしくなっているらしく、
これまでのように積極的に行動するようになったのでこちらとしてもすごく嬉しいです!

まさか、守るべきいとしのリーリエがここまで成長するなんて…今でも信じられません。

海の民の村の探索によると、どうやらまずはしまクイーンを探すのが最初の目的らしく
村に住んでいる方々の話によるとどうやら"ハプウ"という名前がヒントだそうです。

…ハプウとは、これまでアーカラ島やウラウラ島でも会ったことのあるバンバトロというポケモンを連れている
一風変わった謎の少女のようですが、彼女はまさかこの島の…!?

プニャ
(ハプウは外見からしてただものではないとプニャは考えているが、
この島でその謎が明らかになるかもしれないと気になっているらしい…)


"ポニ島にてハプウと再会、そして…?"
Pokesamuhapuu4
ポケモントレーナーや野生のポケモンを相手にポニ島を探索していると
なんとあの"ハプウ"とご対面。 何度も会ったことがあるので間違いなく彼女はただものではなさそうでしょうか?

どうやらリーリエともだいぶ仲良くなっているらしく、ゼンリョクの姿であるリーリエを見て
ハプウが面白いひとことで楽しくお話しているので、こちらもほほえましい限りです。

Pokesamuhapuu5
そして向こうにある彼岸の遺跡まで探索して奥まで進むと、再びハプウが私の前に現れて
どうやら話によると、ハプウはなんとポニ島の―――

やはりのまさかではあるものの、聞いてみると驚くようなものがあります。
さらに詳しい事を聞くとハプウは祖父のあとを継ぐべくさまざまな島を冒険しているなど
まさに旅する努力家…といったタイプでとても感心してしまいました!

ポニ島のしまクイーン様、今ここに私たちのバンザイをお受け取りを―――

プニャ
(プニャ自身も見当が付きながらも意外なことを聞いて驚いているらしい…!)


"ナッシー・アイランドで驚きと秘密のバカンス?"
Pokesamuaroranasi
さて、お次はある探しものがあってリーリエと共にナッシー・アイランドを冒険中です。
そこに現れたのはなんと、ヤシの木のようなくさタイプのポケモン"ナッシー"…

… … … ―――!?
こ、このような外見だなんて一体どういうことですか、ナッシーさん!
まさかアローラ地方に住んでいると背が伸びるというものなのでしょうか…!?

…と、リージョンフォームことアローラのすがたのナッシーなのですが
いざ見つけたとなると言葉にしきれない所があります!

Pokesamuririe8
そして探し物の途中でリーリエとひと息の休憩中… どうやら話によるとポケモントレーナーとなり
私と冒険をしてみたいというそうな…さすがいとしのリーリエ、すごい夢を持っていますね。

… … …

…もし万が一、リーリエと冒険するという夢が当分先になってしまったとしても
この私が何らかの形で受け継いでみたいと思います!
ここまで冒険を続けたら最後まで頑張るのが一番ふさわしいです。

そんなわけでリーリエ…これからもよろしく!

プニャ
(こちらもやつむたちの冒険を今後も応援したいと思っているようだ。)


"まだまだこりないスカル団、そして久々の姉御さん"
Pokesamupurumeri3
そして今度はポニの大峡谷へ向かおうとしたものの、まさかのスカル団が待ち伏せしていました。
未知のポニ島でも行く手を阻むとはさすがスカル団…ということでポケモンバトルで見事打ち倒しましたが
そこへなんと、あのスカル団の幹部…または姉御の"プルメリ"が登場。

どうやら今回はポケモンバトルでのケンカではなく、スカル団やエーテル財団でのことを謝りに来たようです。
そのお詫びとして新たなZクリスタルをゲットしました! 
…今までの冒険を振り返るとZクリスタルがとても集まっているような気がします。

そしてスカル団の姉御さん…いとしのリーリエさまをお守りしていただいてなんてありがとうございます!
リーリエ、君によほどの事があったとしても私が守ってみせたい…!

プニャ
(スカル団の姉御と共に瀬文やつむのことを応援しているようだ!)


"ポニ島のしまクイーン、壮絶な大試練"
Pokesamuhapuu6
ようやくポニの大峡谷に挑戦…の前に、ポニ島のしまクイーンことハプウ様の大試練に挑むことに…
やはり終盤のような場所までたどり着くとなると、私たちもここまで頑張れるトレーナーかもという気がします。

メレメレ島にアーカラ島、そしてウラウラ島と比べてそう簡単には行かなさそうですが
ここはたじろぐより、ゼンリョクを尽くしてポケモンバトルを挑戦です!

Pokesamuhapuu7
…!?

… … … ………

すみません…あの、なんと申しあげますか…
ハプウ様、やはりすごいお方だと思います。

しかし、おかげで私とメンバーのポケモン達のぼうぎょが限界近くまで下がった気分…
これで本当に大試練に挑めるかどうか―――

…すみません、気を取り直してよろしくお願いします…ハプウ様!

プニャ
( … … … )

プ、プニャ…

さすがに彼が目を見張るほど気にしているだけのことがあるかも、ポニ島のしまクイーン様…


Pokesamuhapuu8

と、というわけで勝利して達成しました…ハプウ様の大試練。
新たなZクリスタルをゲットして、さらにZワザの幅が広がってきました!

実はここだけの話、ポニ島のしまクイーンであるハプウ様のポケモン達が意外と手強く
HP回復や能力強化アイテムなどのサポートを利用しながらのバトルになるほどとても大変でした。

さすがに終盤になるとバトルも手強く厳しいものになるのでしょうか?
ハプウ様、しまクイーンはじめて以来の壮絶な大試練をありがとうございます!

プニャ
( … … …とにかく「スゴい」のひとことのような顔をしている。)

プニャ、そんなにハプウが印象的だったの…?
私もたしかにインパクト高そうな方だと思っていたけど…


"ポニの大峡谷にて、リーリエの試練―― …!?"
Pokesamuririe9_2
ただいま、メンバーのポケモン達やリーリエと共にポニの大峡谷を冒険中。
野生のポケモンや道中のトレーナーなどとのバトルを繰り広げ、そして宝探しをしている真っ最中…

その道のりの途中、なんとリーリエがひとりで大きな橋を渡れるように――
ヤミカラスの妨害を切り抜けて頑張って渡れるようになったらしく、
彼女にとっては素晴らしい"試練"だと感心してしまいます。

それにしても、今までこなすのがなかなか難しかったことがようやく手につけられる…
覚悟を決めて橋を渡るという事のように、さまざまな冒険を通じて新しいことが出来るというのは
よく考えてみると感動するほど嬉しいことだと思います。

――リーリエ、君は本当にスゴい!
これまでの冒険があったおかげかもしれないね。

プニャ
(ちなみにやつむ自身も、橋を渡るのは覚悟を決めてからわたるタイプらしいと話しているようだ。)

そう、私もそういった人だから感心する…というワケです。
ゲームでは当たり前のことでもなかなかすごいことですよ、これは――


"放浪の絵描き・マツリカ"
Pokesamumaturika
ポニ島のキャプテンの1人である女性で、なんとフェアリータイプの使い手だそうです。
ポニの大渓谷でキャプテンと名乗る彼女と会ったので、もしや試練がそろそろ…と身構えたのですが
どうやら各地を巡り絵を描いているのに夢中らしく、そのため試練は用意していないとのことでした!

キャプテンといえば、ご挨拶のあと試練へ挑むのがお約束と思っていたのですが
彼女は試練を与えるよりもむしろZクリスタルをプレゼントしてくれたので、さすがの私もあっけにとられました!

…そういうキャプテンも素敵だと思いますよ、マツリカさま。

プニャ
(ポケモンやトレーナーは十人十色、キャプテンも十人…ではなく今までの冒険からすると七人七色…
まるで虹色なキャプテン、その名もアローラレインボーズ!? …と考えているようだ。)


~今回の手持ちポケモン~

□サン
Pokesamu_s_gaburiasu
・ガブリアス(タイプ:ドラゴン&じめん 性別:♀ 性格:さみしがり)
サンverのドラゴンポケモンが最終進化して、見るからに手強いツワモノの一体に。
もちろん味方としてバトルに貢献させると頼もしいのだが、敵に回ると果たしてどうなるのか…
この進化系は滑空を利用して空を飛ぶのが特徴であるものの、今でも噛みつきが得意だったり
ウロコで薬を作り上げたり宝石を集める趣味も残っているのだろうか?

Pokesamu_s_jibacoile
・ジバコイル(タイプ・でんき&はがね 性別:不明 性格:なまいき)
まさかメカニックな高性能マシンがポニの大渓谷の力による影響で、新たなポケモ――
――いや、ウルトラという名前が付く宇宙人が乗りそうな円盤になってしまっ…
…たと言いたくなるほど強力なポケモンに進化しました。
ここまで頑丈そうなボディになるとそう簡単には倒されない…というイメージに合わせて
"リフレクター"や"ひかりのかべ"などのダメージを半減する防御技を覚えてみたいです!

Pokesamu_s_sirokyuukon_2
・キュウコン(アローラのすがた) (タイプ:こおり&フェアリー 性別:♀ 性格:がんばりや)
サンverにてリージョンフォームの子があるアイテムでさらに綺麗なビジンならぬ美ポケになって、
ムーンverのウインディと肩を並べられそうな強さまで得られたかと思います。
それにしても炎のウインディと氷のキュウコン…なかなか素晴らしい組み合わせだと思いません?
…これからもよろしく、リーリエ!

プニャ
(進化によりメンバーが強力になったほか、序盤でゲットしたポケモンもついに後半で最終進化して
これまでとは比べ物にならないくらい頼もしいパーティーになっていると考えているようだ。)


■ムーン
Pokesamu_m_metagurosu
・メタグロス(タイプ:はがね&エスパー 性別:不明 性格:のうてんき)
磁力を持つ鋼のボディの兵器…を夢見るポケモンが進化して、
ついに文字通りのメタルボディとサイコマグネットな兵器に。
強さまで頼もしいだけでなく、スーパーコンピュータ並の知能をはじめ隠し味の怪力やサイコパワーなど…
想像すればするほど美味いくらいカッコいいポケモンだと思いませんでしょうか?

Pokesamu_m_kuwaganon
・クワガノン(タイプ:むし&でんき 性別:♂ 性格:おっとり)
冒険の後半まで頑張って駅のマスコットをつとめてきたデンジムシがポニの大渓谷でついに進化して――
…この外見からすると活躍の場は駅から空港のほうがピッタリでしょうか?
ともかくここまで進化すると、手強いポケモンにも匹敵するほど強いメンバーになれるかもしれません!

プニャ
(長い間進化前まで耐えるように頑張ってきたメンバーが進化すると、
これまでと比べて見違えるくらいに嬉しいような気がすると思っているようだ。)


さて、今回の"アローラ! やつむのポケサム日記"はここまででございます。
何だか多くの冒険やバトル、そしてやりとりがひとつにまとまってまるで大ボリューム…は相変わらずでしょうか?

ポニ島にて繰り広げられる今回の冒険の数々…
アローラ地方の島巡りことポケサムでの冒険もここまでくると、明らかにクライマックスに近いうえ
ポケモントレーナーである私でも、こういう所まで来れる実力があるということが分かるかもしれません。

そして、おそらくこの先は本来の冒険とは言い切れないほどとてつもない事が待ち受けている…
…のは間違いないのはたしかだと思うのですが、ここでうかつに油断するとさすがに…

しかしたじろぐのは禁物、冒険を始めてから終盤までたどり着いたからには―――

プニャ
(――ポケモントレーナーであるやつむとポケモン達次第で、何とかなりそうという顔をしている!)


―――プニャの話すとおり、私達が進めば先が見える…それが一番かもしれません!
今やコツコツ地道でありながらもここまで来ているため、成功まではいかずともいざ試してみます。

なぜならポケモントレーナーの私には数多くの仲間をはじめ、冒険のメンバーとなるポケモン達や
幾度となく繰り広げた冒険やバトル…そしてそこから得られたものが数えきれないくらいある―――

そして私のそばには、日々ポケリフレでお世話しているいとしのプリンが――


――決めました。

この冒険を必ずでなくても、行けるところまで進んでみます!
限界はあるとしても本来通りの私たちで――


瀬文やつむとポケモン達のクライマックスな冒険、乞うご期待!


~今日のプリン~
Pokesamupurin15jpg
"826番のポケモントレーナーに届けたい、プリンの応援を"

プニャ
(どうやら彼女は、何ヶ月かけてここまでアローラ地方を冒険してきた瀬文やつむを応援しているようだ!
実のところプニャ本人も瀬文やつむを応援したい気分らしい。 …がんばれ、826番のポケモントレーナー!)

2018年6月 7日 (木)

蒸し暑い梅雨の季節 2018年

どうも、瀬文やつむでございます―――という挨拶はどのような時でも欠かせません!

気が付けば今は6月、ふたたび新たな季節と生活が送る日々が始まる予感…
何とかは矢のようにというひとことが似合いそうな気がします。

そして肝心のNew3DSLLも修理から帰ってきて、スライドパッドも元通りになって
保存されているデータも無事なため今後も安心して3DSを活用したゲームレポートやイラストも
再びまとめられるかもしれません! (実のところ万が一保存したデータが、となったらで不安でして…)

そんなかんじでそれでは、そろそろ本題を――


Punyacolors3dpart2_48
さて…いかがでしょうか、今月のお題は雨降りなので見習いマスコット・プニャは傘をさしてカエルに――

――ってどういうことですか、これは…!?
たしかカエル…のはずがうずまきな殻を背負ってさらには細長い尻尾が…!
そしてインスタントキャラクターのだんごは金ピカなものをかぶって甘いお菓子や辛そうな料理まで…
一体どうなっているのでしょうか、これは――

…実はこちら「マザーグース」というものを元にしたデザインで仕上げてみました。
まさしく「なんちゃって」というひとことが似合いそうです!

(本当のところ「マザーグース」の内容はよく分からないのですが…)

という冗談気分のお題はここまでにして、6月は何といいますか雨降りはもちろん
蒸し暑いうえに湿り気がよく顔を出してくるがごとく出没するのでこちらにとってはとてもたまりません!

とはいえこういう時こそ、頭上を守り抜く傘や冷たい飲み物に扇風機やエアコンなどが頼もしいこの頃。
時には窓から来る涼しい風まで味方になってくれるので、ヌレてもバテても何とかなりそうです。


とにかく何かと不安定な天気であるものの、対策を活用しながら今月も無理せず頑張って過ごしたいと思います。
雨が降っても気温が高くなったとしても、活動できる環境であれば何となるかもしれません!

というわけで、今回のお題は十分に書き上げたというところで――
またどこかでお会いしましょう!


――今度は、雨降りのように頭上からお挨拶してみましょうか…?

いや…そうなると私、挨拶したとたんにお題を出せる状況ではなくなりますから
それ以外の方法でお会いしたいと思います。


それではあらためて、失礼いたします!

2018年6月 1日 (金)

働きたいイマドキの勇者たち、今日もどこかでお仕事を求める

どうも―――

――という挨拶の後に自己紹介をする方の名前とは…
…ズバリ、瀬文やつむでございます。

5月もいつの間にか終わり、そして新しい6月が始まるこの頃。
今月もお仕事に取り組み、そして休日を楽しみたいと思います!

…そういえば、数ヶ月前のお仕事の依頼で専用のイラストを描いてほしいと頼まれたことがあるのですが
今回はそちらのイラストをお題に今回の記事をまとめてみましょう。

それでは、どうぞこちらへ―――


Works
いかがでしょうか?
今回のイラストはお仕事をテーマにしたキャラクター達でお送りいたします!
それぞれ担当しているお仕事に合わせてキャラクターの個性を現してみたつもりです。
外見をひと目確かめただけでもどんな仕事が得意か分かるでしょうか?

…って、さりげなく男性キャラクターを描き上げているではないですか!
可愛いタイプをよく選ぶ私といえど、描いてみれば成功する可能性が…?


それにしても、最近の私はイラストがなかなか上手く上達している気がするこの頃…
毎日専用のノートでこまめにちょっとした落書きを描きながら練習しているのですが
やはり数がものをいうごとく「落書きも積もると才能に」という言葉が似合いますね。

これからも落書きやイラスト、描きたいと思うときはいざ描いてみましょうか?


というわけで、今回はここまでにした方が最適と判断したので
またいつのどこかでお会いできるよう今はひと休みしたいと思います!

それでは…失礼いたしま~す。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ