« ゴールデンウィークとこどもの日 2018年 | トップページ | ふたりは仲良しっ子 »

2018年5月10日 (木)

セブーン826分クッキング その3

どうもお待たせいたしました、瀬文やつむです!
5月のゴールデンな連休も終わりがきたものの、休みを求めて今日も仕事やお出かけ…
そして家の手伝いなどにはげんでいる日々を送っています。

そんなこんなで今回は"セブーン826分クッキング"で作り上げた料理をひとふたご紹介。
せめて記事の写真や文章でも大満足していただければ何よりです!

それでは、おあがりくださ――
…ってここは学校ではありませんでしたね。

(なんでやねん! …の気を取り直してです――)


"826番特製・変則七目野菜炒め"
Yasaitamesebun
ひとつ目は様々な種類の野菜を細かく刻んだのが特徴の野菜炒めでございます!
輪切りや千切りなど本来ではあまりなさそうな切り方がポイントで、おかげで美味しく頂けます。

ちなみに材料は玉ねぎとにんじん、ピーマンやキャベツにほうれん草…
そしてしいたけとしめじといった7つが勢ぞろいで、味付けはごま油と塩コショウに隠し味のわずかな醤油です。
こう紹介してみると、なかなか贅沢だと思いませんでしょうか?


"上手に焼けた牛サガリとこんがりビフテキ"
Sagarisuteki
おつぎはグルメな方々まっしぐら、上手にこんがりされた牛サガリとビフテキのコンビです。
牛サガリのようなものを焼き上げるのはほぼ初めてなのですが、やはり焼肉にするとあっという間に
たいらげてしまうほど美味なごちそうになるのでたまりません!

焼肉をはじめお肉を使った料理は、どうしてこうガツガツいけるくらい美味しいのか――
それは元となるブタや牛にニワトリ…に聞いてもさすがに分からなさそうかもしれませんね。
我々人間や肉食動物が本来持っている何かがあてはまる…ということでしょうか?

とにかく、まったくもって美味しさがありあまるほどにくたらしい――くらい大好物です!
さて、今度はどのようなものをこんがりと上手に焼こうか…?


…というわけで、3回目の"セブーン826分クッキング"のクッキングはデリシャスだったでしょうか?

やはり自分で作る料理は上手く出来上がると自分の仕立てた味が鏡に映るように美味しいうえに、
自身のスキルのひとつまで伸ばせるため一石二鳥に嬉しいので大満足です。

これからもきっとこまめに料理を続けたら、より美味しい料理が出来上がるのでしょうか?
それをひそかに願い、自分が作り上げた美味しい料理の喜びにしばしひたりたいと思います。


それでは、今日はここまでということで…
ごちそうになりました!

« ゴールデンウィークとこどもの日 2018年 | トップページ | ふたりは仲良しっ子 »

料理」カテゴリの記事

コメント

これはこれはおいしそう!!!lovely
やっぱしお肉たるもの、ステーキがイチバンですよね!!! 小松菜も欠かせないw あ、グラッセもお作りになるといっそう引き立ちますよ!golf

>トシraudさん
どうも、コメントありがとうございます。
さまざまな料理を作りたいとはいえ、やはりステーキなどのお肉は何回でも再び紹介したいです!

今はステーキを上手く焼くことで精一杯なのですが、きっといつかは添えるものまで作れるかもしれませんね。
これからも美味しい料理、頑張って作ることができればと思います!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1989875/73133674

この記事へのトラックバック一覧です: セブーン826分クッキング その3:

« ゴールデンウィークとこどもの日 2018年 | トップページ | ふたりは仲良しっ子 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ